メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織 康高

錦織 康高

錦織 康高(にしこり・やすたか)

 1992年、東京大学法学部第一類卒業。2001年、ハーバード大学ロースクール卒業(LL.M.)。2001~2002年、ニューヨークのサリヴァン・アンド・クロムウェル法律事務所勤務。2010~2013年、東京大学大学院法学政治学研究科 客員准教授。2013年、経済産業省「タックスヘイブン対策税制及び無形資産に関する研究会」委員。2014年から慶應義塾大学法科大学院 非常勤講師。
 ファイナンス及びタックスを専門分野とし、2010年に確定したファイナイト再保険訴訟、同年の第一生命保険株式会社のGlobal IPO等を担当した。
 『ファイナンス法大全』(共著、商事法務)、『Comparative Income Taxation』(共著、KULVBR LAW INTERNATIONAL)、「株式発行価額の検証」(共著、有斐閣)などの著作がある。

記事一覧

デンソー事件最高裁判決で海外子会社の税実務に影響

デンソー事件最高裁判決で海外子会社の税実務に影響 (2017/11/22)

デンソー事件最高裁判決とその影響   西村あさひ法律事務所 弁護士・NY州弁護士 錦織 康高  1 本判決の概要  さる10月24日、最高裁第三小法…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1