メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川合 弘造

川合 弘造

川合 弘造(かわい・こうぞう)

 弁護士。1984年、東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手を経て司法修習(40期)。1988年弁護士登録(第一東京弁護士会)。1993年、米国コロンビア大学ロースクールLL.M修了、1994年、ベルギー・カトリック・ルーベン大学法学部大学院修士課程(EC法専攻)修了。1994-95年、ベルギー・ブラッセルの法律事務所に勤務、1995-97年、通商産業省(当時)通商政策局で課長補佐。2006-15年東京大学法科大学院で経済法(独禁法)非常勤講師。2016年-司法試験考査委員(経済法)。専門は通商法(WTO)、独禁法、クロスボーダー紛争。

記事一覧

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性 (2018/04/02)

地方銀行の統合と企業結合審査   西村あさひ法律事務所 弁護士 川合 弘造 弁護士 堀 美穂子 1. はじめに  公正取引委員会 (公取委 )  は…続きを読む

国際M&Aの成否を左右する企業結合審査 (2011/12/07)

 グローバルなM&A(企業の合併・買収)が日常茶飯事の時代。世界各国の競争法当局による企業結合審査がM&A成否のカギを握るようになっている。そ…続きを読む

「不公正な取引方法」への課徴金、その「リスク」の実態、独禁法改正の皮肉な現実

「不公正な取引方法」への課徴金、その「リスク」の実態、独禁法改正の皮肉な現実 (2010/07/28)

 独占禁止法の昨年の改正で、課徴金納付命令の対象となる行為が「不公正な取引方法」などに拡大されたが、その実態はどうなのか。独占禁止法に詳しい川合弘造弁護士が分…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1