メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西内 愛

西内 愛

西内 愛(にしうち・あい)

 2009年3月、慶應義塾大学法学部卒。2011年3月、東京大学法科大学院修了(法務博士(専門職))。2012年12月、司法修習(65期)を経て、弁護士登録(第一東京弁護士会)。2012年12月から2015年11月まで狩野・岡・向井法律事務所(現・杜若経営法律事務所)勤務。2015年12月、当事務所入所。
 著書・論文に「実務Q&Aシリーズ 就業規則・労使協定・不利益変更」(労務行政研究所、2018年5月)、「裁判例や通達から読み解く マタニティ・ハラスメント」(株式会社労働開発研究会、2018年2月)、「無期転換とそれに伴う雇止めの実務対応、法律上の留意点」(労政時報 No.3916、2016年9月23日号)、「実務に役立つ法律基本講座(21)労使慣行」(労政時報 No.3912、2016年7月8日号)、「女性活躍推進法の概要と企業に求められる対応」(会社法務A2Z 2016年4月号)などがある。

記事一覧

人事労務弁護士が妊娠・出産・育児を通じて労働法を改めて見てみた

人事労務弁護士が妊娠・出産・育児を通じて労働法を改めて見てみた (2018/10/09)

人事労務弁護士が妊娠・出産・育児を通じて労働法を改めて見てみた アンダーソン・毛利・友常法律事務所 西内 愛  1.はじめに  私は、使用者側専門の人事労務関…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1