メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥山 俊宏

奥山 俊宏

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書に『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)。共著に『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

記事一覧

「小渕首相の政治団体に超過献金」刑事告発は団体解散で不起訴に (2014/10/19)

 活動をほぼ休止している三つの「政治団体」を経由して、小渕恵三首相(当時)の資金管理団体「未来産業研究会」(東京都千代田区)に、会社役員ら7人からそれぞれ20…続きを読む

オリンパス内部通報制度 「通報者の名前を開示」で二転三転

オリンパス内部通報制度 「通報者の名前を開示」で二転三転 (2014/08/10)

 社内の不正を社員に内部通報してもらうヘルプライン制度が機能せず、1千億円を超える巨額の粉飾決算が社外への内部告発で発覚した精密機器メーカーのオリンパスが、内…続きを読む

東電福島第一原発事故で勝俣元会長ら「起訴相当」検察審査会議決要旨全文

東電福島第一原発事故で勝俣元会長ら「起訴相当」検察審査会議決要旨全文 (2014/08/01)

 福島第一原発の事故で周辺病院の入院患者らを避難の途中に死亡させたなどとして、東京電力の元役員6人が業務上過失致死傷の疑いで刑事告発された事件で、東京第五検察…続きを読む

米政府、オバマケアで医療費不正請求の摘発を強化

米政府、オバマケアで医療費不正請求の摘発を強化 (2014/07/15)

 医療費の抑制が先進各国の課題となるなか、医療制度改革(オバマケア)を進める米政府が、公的医療保険への不正請求の取り締まりを国策として強めている。年4千億円超…続きを読む

原発事故の際のテレビ会議公開の制度化を平時に

原発事故の際のテレビ会議公開の制度化を平時に (2014/06/29)

 原子力発電所で事故が発生した際に当事者や関係者たちの間で開かれるテレビ会議は、報道記者や報道機関にとって一刻も早く直接取材したい貴重な資料である。原発で何が…続きを読む

千葉県がんセンター「内部通報の報復として医師の業務外す」二審も県が敗訴

千葉県がんセンター「内部通報の報復として医師の業務外す」二審も県が敗訴 (2014/06/16)

 千葉県がんセンター(千葉市中央区)で無資格者が患者に麻酔をしているとの問題をセンター長に内部通報したところ、担当の業務を外されて退職に追い込まれたとして、麻…続きを読む

検察審査会「政府の原災本部は必要な避難措置を講じていた」

検察審査会「政府の原災本部は必要な避難措置を講じていた」 (2014/04/16)

 福島第一原発1号機の格納容器の圧力を下げるベントを早期に東京電力に命じず、建屋の爆発を招いたなどとして、菅直人首相(当時)らが業務上過失傷害の疑いで刑事告発…続きを読む

原発を続ける資格:東電の原子力技術者トップ、姉川常務にインタビュー

原発を続ける資格:東電の原子力技術者トップ、姉川常務にインタビュー (2014/04/14)

 我々に原子力発電を続ける資格があるのだろうか――。東京電力常務で原子力技術者のトップ、姉川尚史さんはこの3年間、そう自問し続けてきたという。昨年8月に東京工…続きを読む

リソー教育 監査法人が10年前から過大計上を何度も指摘 (2014/02/12)

 「生徒1人先生1人の本物の個別指導」の学習塾「TOMAS」などを首都圏で展開する東証一部上場企業「リソー教育」グループの3社が合計83億円の売上高を不適正に…続きを読む

「日本製」表示の棚に中国製グッズ サンリオ銀座直営店

「日本製」表示の棚に中国製グッズ サンリオ銀座直営店 (2014/01/20)

 ハローキティなどのキャラクター商品で知られるサンリオ(本社・東京都品川区、東証1部上場)の東京・銀座の直営店「サンリオワールドギンザ」が、「日本製」と表示し…続きを読む

阪神大震災6433人目の死者 最高裁決定で

阪神大震災6433人目の死者 最高裁決定で (2014/01/17)

 1995年1月17日に発生した阪神大震災で最後の一人が「震災関連死」と認定されたのは地震発生から8年近くが過ぎた2002年12月26日のことだった。芦屋市の…続きを読む

原発事故「実時間実動訓練」で汚染測定機材は事前準備

原発事故「実時間実動訓練」で汚染測定機材は事前準備 (2014/01/10)

 昨秋の国の原子力総合防災訓練で、放射能汚染を空から把握する航空機モニタリングの機材が、あらかじめ訓練現場に搬入されていたことが分かった。東京電力福島第一原発…続きを読む

「秘密保護法で内部告発が萎縮」公益通報者保護法改正を要請

「秘密保護法で内部告発が萎縮」公益通報者保護法改正を要請 (2013/12/19)

 警察の裏金疑惑を内部告発した元警察官の仙波敏郎さん(64)ら「公益通報者が守られる社会を!ネットワーク」のメンバー4人が18日、特定秘密保護法の制定によって…続きを読む

汚染水漏れ口を2年超放置 福島第一原発、対策発表の一方で

汚染水漏れ口を2年超放置 福島第一原発、対策発表の一方で (2013/12/16)

 福島第一原発の放射能汚染水流出について、東京電力が事故直後の2011年4月、流出元の建屋と地下坑道の間の「遮断」を防止策として公表しながら、2年以上、建屋の…続きを読む

汚染水漏れ口遮断「具体的検討していなかった」幹部発言、広報部は全面否定

汚染水漏れ口遮断「具体的検討していなかった」幹部発言、広報部は全面否定 (2013/12/16)

 東京電力の今泉典之・原子力・立地本部長代理は今年7月26日の定例記者会見で、福島第一原発2号機のタービン建屋とその海側の坑道(トレンチ)の間の汚染水の通り道…続きを読む

米司法省、記者の情報源を相次ぎ摘発 《事件一覧》 (2013/11/29)

 報道機関への情報漏洩を理由とした訴追が米国で相次いでいる。2004年以前はわずか2件しかなかったのに、2005年以降、これまでに9件に上っている。以下、11…続きを読む

「本人の努力不足から残念な結果」とオリンパス社内メール、社員が提訴

「本人の努力不足から残念な結果」とオリンパス社内メール、社員が提訴 (2013/11/21)

 精密機器メーカーのオリンパスが自社の社員の浜田正晴さん(53)について「本人の努力不足から人事評価が残念な結果となっている」などと断ずる電子メールを本部長、…続きを読む

オバマ大統領「官僚的障害撤廃を」「破局的事態回避を」

オバマ大統領「官僚的障害撤廃を」「破局的事態回避を」 (2013/10/21)

 東京電力福島第一原発で事故が発生している最中の2011年3月17日にあった日米首脳会談で、オバマ米大統領は、事故が「破局的事態」になりかねないことに懸念を示…続きを読む

オリンパス不正経理「内部通報制度の機能不全を見て記者に告発」

オリンパス不正経理「内部通報制度の機能不全を見て記者に告発」 (2013/09/11)

 オリンパスの巨額損失隠し事件で、不正経理を雑誌記者に内部告発した同社の現役社員が、朝日新聞の取材に応じた。会社の内部通報制度の利用を考えたものの、結局あきら…続きを読む

AJの移転・新装にあたって編集人から (2013/08/14)

 ご覧いただいている「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」はこのたび、2013年8月14日に、新しいアドレスに引っ越しし、装いを新たにしてリ…続きを読む