メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥山 俊宏

奥山 俊宏

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書に『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)。共著に『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

記事一覧

ウッドフォード元オリンパス社長「何も変わっておらず、事態は悪化」

ウッドフォード元オリンパス社長「何も変わっておらず、事態は悪化」 (2012/04/19)

 社内で不正経理疑惑を追及したところ逆に社長を解任されたオリンパス元社長のマイケル・ウッドフォード氏が20日に開かれる同社の臨時株主総会出席のため、17日朝、…続きを読む

オリンパス元社長ウッドフォード氏が問題提起 日本の新聞報道

オリンパス元社長ウッドフォード氏が問題提起 日本の新聞報道 (2012/04/17)

 元オリンパス社長のマイケル・ウッドフォード氏(51)が提起した問題は、1千億円を超える巨額の粉飾決算や日本企業の統治(コーポレートガバナンス)のあり方だけで…続きを読む

ウッドフォード元社長の内部告発を受けたフィナンシャル・タイムズ東京支局記者は

ウッドフォード元社長の内部告発を受けたフィナンシャル・タイムズ東京支局記者は (2012/04/17)

 「マイケル・ウッドフォード」の名がアイフォーンの画面に表示されているのを見た瞬間、英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のジョナサン・ソーブル記者(38)…続きを読む

アーバンコーポ虚偽で株主全面勝訴、インサイダー取引による株価下落分も 《高裁判決全文》 (2012/04/10)

 2008年8月に民事再生法の適用を申請して倒産した不動産会社アーバンコーポレイション(広島市)から関東財務局に提出された臨時報告書に虚偽の記載があったとして…続きを読む

オリンパス英国子会社粉飾の責任者が財務本部長に

オリンパス英国子会社粉飾の責任者が財務本部長に (2012/04/06)

 オリンパスの英国子会社「ジャイラスグループ」が2年前に資産を実態より8割余も多く見せかける決算書を英国の当局に提出した際、同社の財務本部長に1日付で就任した…続きを読む

《詳報》 オリンパスに訴えられたオリンパス社長、請求に応じず

《詳報》 オリンパスに訴えられたオリンパス社長、請求に応じず (2012/03/24)

 企業買収をめぐって取締役としての注意義務に違反したとして、オリンパスが同社の高山修一社長らに損害賠償を求めて起こした訴訟の第1回口頭弁論が3月1日、東京地裁…続きを読む

震災4日前の水抜き予定が遅れて燃料救う 福島第一原発4号機燃料プール隣の原子炉ウェル

震災4日前の水抜き予定が遅れて燃料救う 福島第一原発4号機燃料プール隣の原子炉ウェル (2012/03/08)

 東京電力福島第一原発の事故で日米両政府が最悪の事態の引き金になると心配した同原発4号機の使用済み核燃料の過熱・崩壊は、震災直前の工事の不手際と、意図しない仕…続きを読む

原発事故対応:アメリカではやったのに日本ではやらなかったこと

原発事故対応:アメリカではやったのに日本ではやらなかったこと (2012/02/28)

 福島第一原発の事故をめぐって、行われるべきことが行われていなかった実例がまた一つ明らかになった。航空機で放射能の広がりを早期に把握するための準備があったにも…続きを読む

空からの放射能汚染把握、実施できず 福島第一原発事故発生当初

空からの放射能汚染把握、実施できず 福島第一原発事故発生当初 (2012/02/25)

 東京電力福島第一原子力発電所で放射性物質の大量放出が始まった昨年3月12日、放射能の拡散を空からすばやく把握する「航空機モニタリング」が、省庁間の連絡の行き…続きを読む

逮捕された菊川前オリンパス社長「透明経営」唱えたことも (2012/02/16)

 資産を1136億円多く見せかけてオリンパスの決算を偽ったとして前オリンパス社長・菊川剛容疑者(70)、前常勤監査役・山田秀雄容疑者(67)、前副社長・森久志…続きを読む

米国原発の全電源喪失対策で保安院「検討はしたが、対応には至らず」

米国原発の全電源喪失対策で保安院「検討はしたが、対応には至らず」 (2012/02/01)

 全電源を喪失した際に応急的に原子炉を冷却する準備などを米国内の原発に義務づけた米政府の新しい規制「B5b」について、日本政府の原子力安全・保安院の幹部職員が…続きを読む

米原子力規制幹部「米原発のテロ対策B5bは日本の事故にも適用できた」 (2012/01/29)

 2001年9月11日に航空機を使った同時多発テロで枢要な施設を攻撃されたことを受けて、米政府の原子力規制委員会(NRC)は翌2002年、「原子力施設に対する…続きを読む

東京弁護士会がオリンパスに警告「内部通報社員の人権を侵害」

東京弁護士会がオリンパスに警告「内部通報社員の人権を侵害」 (2012/01/28)

 東京弁護士会(竹之内明会長)は27日、オリンパス社内で内部通報窓口(ヘルプライン)を利用した社員に対して「重大な人権侵害」があったとして、同社に警告書を出し…続きを読む

福島第一原発事故は米国のテロ対策「B5b」で防げたか?

福島第一原発事故は米国のテロ対策「B5b」で防げたか? (2012/01/27)

 テロリストによる破壊工作を想定して米国の原発に備えられた準備の数々は具体的で実践的だ。それと同様の準備がもし日本の原発にあれば、福島第一原発の事故の拡大は防…続きを読む

原発全電源喪失:米国では備えがあるのに、日本では「想定外」

原発全電源喪失:米国では備えがあるのに、日本では「想定外」 (2012/01/27)

 テロ攻撃による原発での全電源喪失に備えて、米国の原発に配備されている様々な機器や装備が国内の原発にもあれば、東京電力福島第一原発事故の拡大を防げた可能性が高…続きを読む

米国の原発 全電源喪失対策 保安院、日本に生かさず持ち腐れ (2012/01/27)

 経済産業省原子力安全・保安院が、テロによる原発の全電源喪失に備えて米国で義務化された対策の内容を2008年までに把握していたにもかかわらず、電力会社などに伝…続きを読む

ウッドフォード氏が提起した問題は 失意のうちに離日

ウッドフォード氏が提起した問題は 失意のうちに離日 (2012/01/09)

 来日していたオリンパス元社長のマイケル・ウッドフォード氏が8日、成田空港から母国イギリスへの帰路についた。社長復帰を目指したものの、現経営陣との委任状争奪戦…続きを読む

ウッドフォード元社長「英国の審判所にオリンパスを提訴した」 (2012/01/09)

 オリンパスのマイケル・ウッドフォード元社長は8日、東京都内で朝日新聞の取材に応じ、「オリンパスに損害の賠償を求める訴状をロンドンの雇用審判所(Tribuna…続きを読む

オリンパス元社長ウッドフォード氏、委任状争い「撤退する」

オリンパス元社長ウッドフォード氏、委任状争い「撤退する」 (2012/01/06)

 オリンパスのマイケル・ウッドフォード元社長が5日夜、東京都新宿区内で朝日新聞の単独インタビューに応じ、3月にも開かれる同社の臨時株主総会に独自の役員選任案を…続きを読む

金融機関役員100人超を逮捕、バブル金融法廷がすべて終結 (2012/01/01)

 バブル崩壊に伴って相次いで破綻した金融機関の経営責任を追及する訴訟がすべて終結した。1995年以降、「国策」として民事・刑事の両面で責任追及は進められ、13…続きを読む