メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘り

揺れる中央銀行

(下) 独立と責任ジレンマ 市場、禁じ手迫る

織田 一(おだ・まこと)

 欧州の共通通貨「ユーロ」を使う16カ国の金融政策を担う欧州中央銀行(ECB)がもがいている。

 ロンドンで銀行間のお金の貸し借りを仲介するBGCパートナーズのディーリングルームは5月6日午後、「(金融危機の)2008年に戻ったよう」(同社のデビッド・ビュイック氏)に騒然と

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

織田 一(おだ・まこと)

 朝日新聞編集委員。長崎県佐世保市出身。1986年、朝日新聞入社。新潟支局、横浜支局を経て、91年4月に東京・経済部。98年10月から約2年間、バンコク総局員。  横浜支局では警察担当記者としてオウム事件などを追った。経済部では主に金融行政・政策、金融業界、国際経済を担当。

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。