メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘り

タックスヘイブン「パラダイス文書」取材記者手記

タックスヘイブン内部の格差「社会の階層がはっきり分かれている」

吉田 美智子(よしだ・みちこ)

 2017年5月、激動の欧州の現場から、突然の帰国命令を受けて、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のパラダイス文書取材班に放り込まれた。北アメリカ大陸の東の大西洋にある英領バミューダ諸島やカリブ海の同ケイマン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された法人や組合に関する1340万件、1.4テラバイトに上る電子ファイル群「パラダイス文書」は、その前年に世界に衝撃を与えた「パナマ文書」と同様、南ドイツ新聞(独ミュンヘン)が入手し、ICIJがデータベース化し、朝日新聞など世界各国の報道機関が共有して、分析と取材に取り組んでいた。それに参画することになったのだ。その5カ月後の10月8日、バミューダ諸島に入った。目的は大きく三つ。パラダイス文書の流出元の法律事務所「アップルビー」と現地の日本企業の取材。そして、もう一つ。個人的にどうしても知りたいことがあった。タックスヘイブンに住む普通の人たちの暮らしぶりだ。(年齢、肩書は取材当時)

 ■「ようこそパラダイスへ」

拡大丘の上から見たバミューダ島=2017年10月9日、野上英文撮影
 コバルトブルーの海に浮かぶ真っ白なヨット、緑あふれる小さな島々、カラフルな家が眼下にひろがる。碇(いかり)のような形をしたバミューダ諸島本島の南西部の丘、ギブズヒルからは島が一望できる。

 「ようこそパラダイスへ」

 観光客のアテンドをしていたタクシー運転手は、私の方に向かって、満面の笑みで両手を広げた。

 所得税や法人税などがほとんどかからないタックスヘイブンは、高額の税金に悩む企業や人からすれば「パラダイス」のように見えるかもしれない。そこに暮らす人たちの生活に関心を持ち始めたのは、日本からインターネットの旅行サイト「エクスペディア」で滞在先のホテルを探した時だった。

 最大都市ハミルトンのホテルは、数千人という人口規模に比べると多い。ビーチを訪れる観光客や出張者が多いためだと思われる。一方で、宿泊料は「田舎の島」にしては異様に高い。個人経営の小さなゲストハウスでも日本円にして3万円以上だった。こんなところで、普通の人たちはタックスヘイブンの恩恵を享受できているのだろうか。

 私のバミューダ滞在は、10月8日夜の到着後、11日早朝に発つまでの間の正味2日間だけ。限られた時間だが、観光がてら取材してみることにした。

 9日朝、私は同僚の野上英文記者とゲストハウスで待ち合わせて、金融街に向かった。ちなみに、野上記者の滞在したホテルは一泊7万円を超える。カラフルな建物が並ぶ港を内陸に少し入ると、アップルビーがある金融街にたどり着く。目抜き通りに面したアップルビーの事務所は、ガラス張り4階建てのモダンな建物。周囲には、ほかの法律事務所や会計事務所、金融庁や司法省など官公庁がある。ルクセンブルクでも「ルクスリークス」の情報流出元の会計事務所の方が、当局の建物よりも立派だった。

 街を行き交うのは、カラフルなワイシャツにネクタイ姿の男性やスーツを着た女性たち。男性はバミューダの正装でもある膝丈の「バミューダパンツ」をはいている。心なしか、白人が多く目につく。

 ■職見つからず、バイト生活

拡大バミューダ諸島本島南西部のホースシューベイ・ビーチの海水浴客ら=2017年10月9日、吉田美智子撮影
 島一番の観光スポット「ホースシューベイ・ビーチ」にタクシーで移動した。鮮やかなコバルトブルーの海と白い砂浜は、さすがに「大西洋で最も美しいビーチ」といわれるだけある。気温は30度近く、打ち寄せる波と海風が心地いい。米東海岸から大型のクルーズ船が到着した後で、ビーチは水着姿のたくさんの観光客でにぎわっていた。パラソルの下に寝そべったり、泳いだり。私もビーチサンダルや水着を持参しなかったことを後悔した。

 野上記者は大きなデジタルカメラを抱えて、海水浴客たちを撮影している。

 ビーチパラソルの下で涼む一組の夫婦に声をかけた。ニューヨーク出身のケイティさん(73)は、バミューダに来るのはもう4回目。今回は2泊する予定で、「食べ物がおいしく、人も親切、景色もきれいで、世界一の観光地じゃないかしら」という。

 米ペンシルバニア州から来た小学校教諭ブレンドさん(33)は、結婚1周年のお祝いに、妻をバミューダに連れて来た。「以前も来たことがあるけど、海はきれいだし、気候もいい。妻への最高のプレゼントだろう?」

 しばらくして、砂浜の片隅にビーチパラソルを貸し出す小さな売店があるのに気づいた。若い女性が接客している。女性の肌は浅黒く、地元の人のようだ。同僚とみられる若い男性たちもみな肌の色は浅黒い。

 私は女性に近づいた。

 「日本から来たジャーナリストです。話を聞かせてもらえませんか」

拡大観光客にビーチパラソルの貸し出しをするペトリスさん=2017年10月9日、バミューダ諸島ホースシューベイ・ビーチ、吉田美智子撮影
 バミューダで生まれ、育ったというペトリスさん(26)は、「ここでバイトをしている」と話した。バミューダ最高位のカレッジを卒業したものの、就職先が見つからず、バイト生活を続けているそうだ。

 ペトリスさんは「公務員になりたいけど、人気がある職業だから、とても難しいの」と訴えた。

 その後、私と野上記者はタクシーで、ホースシューベイ・ビーチから飲食店や映画館が集まるバミューダ諸島西部アイルランド島のドックヤードに移動した。タクシー運転手デニスさん(43)も「カレッジを出た後、調理師、郵便局員とか色々やったよ。知人の紹介でタクシー運転手になったけど、ガソリン代も高いし、生活は大変だよ」と話した。デニスさんも白人ではない。

 もう一つ気づいたことがあった。バミューダは小さな湾が

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

吉田 美智子(よしだ・みちこ)

 朝日新聞東京本社編集局記者(企画報道チーム)。
 1974年、山口県生まれ。96年、西南学院大学法学部卒業、99年、早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了、朝日新聞社入社。鳥取支局、神戸総局、大阪本社社会部検察担当、国際報道部、ブリュッセル支局などをへて、2017年5月から2018年3月まで特別報道部。学生時代にフランス、入社後、ドイツに各1年間、留学した。
 共著に「プーチンの実像 証言で暴く『皇帝』の素顔」(朝日新聞出版)、「ルポタックスヘイブン 秘密文書が暴く、税逃れのリアル」(朝日新書)。

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。