メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘り

「株主の権利弁護団から」の 記事一覧

押収された取締役会議事録の閲覧許可を株主が申し立てたらどうなるか

押収された取締役会議事録の閲覧許可を株主が申し立てたらどうなるか笠井 計志 (2015/03/30) 

取締役会議事録閲覧謄写における裁判所の許可の性質について    ~取締役会議事録が捜査機関に押収されている場合~ 弁護士 笠 井 計 志  第1 取締役会議事…続きを読む

シャルレMBO株主代表訴訟判決の大きな意義と問題点前川 拓郎 (2014/12/04) 

シャルレMBO株主代表訴訟の判決について 弁護士 前川 拓郎  平成26年10月16日、神戸地方裁判所第5民事部(伊良原恵吾裁判長)においてシャルレのMBO(…続きを読む

公取委のカルテル資料で争った住友電工代表訴訟

公取委のカルテル資料で争った住友電工代表訴訟城之内 太志 (2014/07/07) 

公取委の保有する文書の利用  ~住友電工文書提出命令事件を踏まえて~   弁護士 城之内 太志  1 はじめに  平成26年5月7日、大阪地方裁判所…続きを読む

川崎重工官製談合、第一生命、NTNの事件を追及

川崎重工官製談合、第一生命、NTNの事件を追及影山 秀樹 (2014/01/24) 

株主の権利弁護団の現在の活動(2)   弁護士 影山 秀樹  私が所属する「株主の権利弁護団」の最近の活動のうち、川崎重工官製談合など3つの事件への…続きを読む

社内文書提出命令の「特段の事情」とは

社内文書提出命令の「特段の事情」とは大住 洋 (2013/11/08) 

自己利用文書該当性判断における「特段の事情」について  平成11年最高裁決定以後の自己利用文書にかかる裁判例の分析   弁護士 大住 洋  第1 は…続きを読む

特別支配株主による少数株主締め出し制度化の問題点

特別支配株主による少数株主締め出し制度化の問題点矢吹 保博 (2013/09/02) 

「特別支配株主の株式等売渡請求」制度を創設する会社法制見直しの問題点   弁護士 矢吹 保博  第1 はじめに(本稿の趣旨)  法制審議会は、平成2…続きを読む

株主代表訴訟提訴を前に 提訴請求と不提訴理由通知書の論点

株主代表訴訟提訴を前に 提訴請求と不提訴理由通知書の論点 (2013/07/06) 

代表訴訟提起前の手続の充実のために   弁護士 杉村元章  株式会社の株主が会社の役員等を相手取って代表訴訟を提起するためには、会社に対する提訴請求…続きを読む

多重株主代表訴訟を制度化する会社法改正への意見 (2013/05/27) 

「会社法制の見直しに関する要綱案」における多重株主代表訴訟について 弁護士 富 田 智 和 弁護士 岡 本 仁 志  第1 はじめに  平成23年12月、法務…続きを読む

独立取締役に要求される善管注意義務の水準

独立取締役に要求される善管注意義務の水準城之内 太志 (2013/04/02) 

独立役員の責任  ~ 独立取締役に要求される善管注意義務の水準 ~   株主の権利弁護団 弁護士 城之内 太志  第1 はじめに  東京証券取引所を…続きを読む

イギリス会社法における取締役の一般的義務 2006年会社法

イギリス会社法における取締役の一般的義務 2006年会社法 (2013/03/07) 

イギリス会社法における取締役の一般的義務  -2006年会社法の制定と今後の展開 株主の権利弁護団  弁護士 須磨 美月  第1 はじめに  2012年1月、…続きを読む

シャルレ株主代表訴訟でMBO内部資料の提出命令を大阪高裁も維持加藤 昌利 (2012/12/30) 

シャルレ株主代表訴訟における文書提出命令抗告審決定   弁護士 加藤昌利  1 はじめに  当弁護団が行っているシャルレMBO事件の株主代表訴訟に関…続きを読む

オリンパス株主代表訴訟「自浄作用の腐敗」を追及

オリンパス株主代表訴訟「自浄作用の腐敗」を追及 (2012/12/27) 

株主の権利弁護団の現在の活動(1) 弁護士 谷川 直人  1 株主の権利弁護団とは  (1)活動目的・方針  株主の権利弁護団は、現在常任弁護士25名、公認会…続きを読む

経営判断原則と関連会社への支援融資が違法とされるべきとき

経営判断原則と関連会社への支援融資が違法とされるべきとき (2012/10/25) 

関連会社に対する経営支援と経営判断原則 弁護士 藤原 武士  第1 経営支援と経営判断原則   昨今の厳しい経済状況から、経営不振に陥っている関連会社に対し、…続きを読む

文書提出命令の証拠調べ必要性判断にインカメラ手続きを前川 拓郎 (2012/10/04) 

文書提出命令における必要性の判断にもインカメラ手続を導入すべきだ 弁護士 前川 拓郎   1 文書提出命令の意義  日本の訴訟は、証拠収集手段が極めて貧弱であ…続きを読む

為替デリバティブの被害の救済手段 ADRを使って沼田 洋祐 (2012/09/14) 

為替デリバティブの被害の救済手段について 弁護士 沼田洋祐    過去に当株主の権利弁護団の天野弁護士の寄稿「 中小企業向け為替デリバティブ取引契約の法的問題…続きを読む

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える (2012/07/31) 

カルテルと役員の責任   弁護士 三浦高敬    第1 カルテルの法的規制について   独占禁止法(以下、「独禁法」という。)2条6項及び…続きを読む

内部通報・リーニエンシー制度と株主代表訴訟加藤 昌利 (2012/07/03) 

内部通報制度・リーニエンシー制度と株主代表訴訟 弁護士 加藤昌利    1 はじめに  株主は、その株主権の行使を通じて、会社の経営を監視することになるが、そ…続きを読む

会社経営陣による自社買収(MBO)資料の提出で画期的な命令

会社経営陣による自社買収(MBO)資料の提出で画期的な命令 (2012/06/01) 

MBOが適正になされたか否かを検証するための資料開示に関する画期的な決定  シャルレMBO株主代表訴訟における文書提出命令申立事件決定  1 MBOの問題点 …続きを読む

会社法改正への意見:社外取締役を過半数に富田 智和 (2012/05/10) 

会社法改正パブリックコメント   弁護士 富田 智和  1 はじめに  法務大臣の諮問機関である法制審議会会社法制部会は、2011年12月7日に「会…続きを読む

企業不祥事における第三者委員会と株主代表訴訟 (2012/05/02) 

企業不祥事における第三者委員会と株主代表訴訟 弁護士 由 良 尚 文  1 はじめに  2011年は、九州電力のやらせメール事件、大王製紙元会長による巨額不正…続きを読む