メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

調査・検証

調査・検証

ユニバーサル社の第三者委員会が会社に報告書開示を要請

 東証ジャスダック上場の大手遊技機メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」(UE社)の海外送金問題を同社の依頼で調べていた第三者委員会は27日、2カ月余前に会社に提出した中間報告書の公表を同社に要請したことを明らかにした。UE社が説明する非公表の理由の一部について「事実と異なる」とも指摘した。第三者委と会社側が対立する異例の事態となっている。

▽筆者: 多田敏男、奥山俊宏

▽この記事は2014年5月28日の朝日新聞に掲載された原稿に加筆したものです。

▽関連資料: ユニバーサルエンターテインメントの第2次第三者委員会が2014年5月27日に発表した報道資料の全文

▽関連記事: UE社の第三者委が活動停止宣言 会社の報告書未開示で

  

 フィリピンのカジノ事業にからむ問題に関するロイター通信や朝日新聞の報道を

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。