メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事件記者の目

特ダネ記者が今語る特捜検察「栄光」の裏側

背任か恐喝か「特捜部の馬鹿野郎」と吉永検事正

(16)バブル崩壊で大型経済事件の季節に
光進グループの国際航業、蛇の目ミシン、稲村代議士脱税事件

村山 治(むらやま・おさむ)

 ロッキード事件、リクルート事件など戦後日本を画する大事件を摘発し、「検察のレジェンド」と呼ばれた吉永祐介元検事総長が亡くなって1年が経つ。それを機に、吉永さんを長く取材してきた元NHK記者の小俣一平さんと元朝日新聞記者の松本正さんに、吉永さんと特捜検察、さらに検察報道の今昔を語ってもらった。16回目の本稿の話は、リクルート事件から、バブル崩壊後の大型事件の時代に移る。放漫経営で事実上破綻した企業には政治家や暴力団が群がっていた。特捜部はそれらを次々と摘発。報道競争も活発だった。検察の強制捜査を事前に報じようとするメディアとそうさせまい、とする検察の攻防の思い出などで盛り上がった。

 ●蛇の目恐喝事件

「東京地検 国際航業元役員ら4人逮捕」と報じる1990年6月14日の朝日新聞朝刊一面トップ記事
 村山:リクルート事件が一段落すると、息つく間もなく、バブル経済崩壊に伴う大型経済事件が続発します。いよいよ経済事件の季節になってくるわけです。

 小俣:その最初の事件が、東京地検特捜部が摘発した仕手集団の「光進グループ」の国際航業事件(1990年)、蛇の目恐喝事件(1991年)でしたね。そして、イトマン事件(1991年)、東京佐川急便事件(1992年)が続きます。暴力団と政界がこれら破綻企業に群がっていたことを検察が暴き、それが引き金となって、

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

村山 治(むらやま・おさむ)

 徳島県出身。1973年早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部を経て91年、朝日新聞社入社。金丸脱税事件(93年)、ゼネコン事件(93,94年)、大蔵汚職事件(98年)、日本歯科医師連盟の政治献金事件(2004年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。
 著書に「特捜検察vs.金融権力」(朝日新聞社)、「市場検察」(文藝春秋)、「小沢一郎vs.特捜検察、20年戦争」(朝日新聞出版)、「検察: 破綻した捜査モデル」(新潮新書) 。共著に「ルポ 内部告発」(朝日新書)。

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。