メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事件記者の目

特ダネ記者が今語る特捜検察「栄光」の裏側

元検事総長の捜査資料をもとに元総長に代わって本を執筆

(7)灰色高官、乱打と誤報、三木内閣、コーチャンインタビュー

村山 治(むらやま・おさむ)

 ロッキード事件、リクルート事件など戦後日本を画する大事件を摘発し、「特捜検察のエース」と呼ばれた吉永祐介元検事総長が亡くなって1年が経った。それを機に、吉永さんを長く取材してきた元NHK記者の小俣一平さん(62)と元朝日新聞記者の松本正さん(68)に、吉永さんと特捜検察、さらに検察報道の今と昔、それらの裏の裏を語ってもらった。第7回の本稿では、心血を注いだロッキード事件の捜査体験を国民に知ってほしかった吉永さんの思いや、朝日新聞の歴史的な特ダネとなった「コーチャンインタビュー」について論じる。

 ●吉永さんに代わって書いた本

拡大小俣氏が「坂上遼」の筆名で著した『ロッキード秘録』
 村山:話は変わりますが、小俣さんが2007年8月に上梓した「ロッキード秘録」は、吉永さんが作成した詳細な捜査資料をもとに書かれたのですね。

 小俣:そうです。吉永さんから、段ボール数箱分の資料をもらいました。それを読み込んだうえで、吉永さんから、説明を聞きました。だから、捜査当時の様子が手に取るようにわかった。

 村山:吉永さんの資料を、小俣さんが、わかりやすく読み解いた訳ですね。私も、その資料を小俣さんから見せていただきましたが、資料をそのまま本にする手もありますね。あの資料には、それだけの価値があると思います。
 ただ、

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

村山 治(むらやま・おさむ)

 徳島県出身。1973年早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部を経て91年、朝日新聞社入社。金丸脱税事件(93年)、ゼネコン事件(93,94年)、大蔵汚職事件(98年)、日本歯科医師連盟の政治献金事件(2004年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。
 著書に「特捜検察vs.金融権力」(朝日新聞社)、「市場検察」(文藝春秋)、「小沢一郎vs.特捜検察、20年戦争」(朝日新聞出版)、「検察: 破綻した捜査モデル」(新潮新書) 。共著に「ルポ 内部告発」(朝日新書)。

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。