メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事件記者の目

特ダネ記者が今語る特捜検察「栄光」の裏側

「政界ルート捜査断念」から「元建設相逮捕」への転換はなぜ起きたか

(20)ゼネコン汚職

村山 治(むらやま・おさむ)

  ロッキード事件、リクルート事件など戦後日本を画する大事件を摘発し、「特捜検察のエース」と呼ばれた吉永祐介元検事総長が亡くなって1年が経った。それを機に、吉永さんを長く取材してきた元NHK記者の小俣一平さんと元朝日新聞記者の松本正さんに、吉永さんと特捜検察、さらに検察報道の今と昔、それらの裏の裏を語ってもらった。第20回の本稿では、金丸脱税事件の捜査から派生したゼネコン事件を振り返る。政官業がからむ公共事業利権の解明は検察の悲願だった。特捜検察は、茨城と宮城の県知事を相次いで摘発。さらに、公正取引委員会の談合告発をめぐり元建設大臣を起訴するなど存在感を示したが、行き過ぎた捜査も明らかになった。吉永さんは東京高検検事長、検事総長として捜査を“陣頭指揮”した。

 ●ゼネコン事件捜査

拡大1993年6月29日の朝日新聞夕刊一面トップ記事
 小俣:脱税に問われた金丸信元自民党副総裁の蓄財原資の大半を提供したのはゼネコン業界でした。それだけに裏付け捜査で押収したゼネコンの裏帳簿などの資料は宝の山。検察の捜査は、ゼネコンの公共事業をめぐる贈収賄摘発に向かいます。

 村山:1980年代後半、日本は米国から市場開放圧力を受けました。その際、自民党建設族の親分だった金丸さんは、大蔵省の反対を押し切り、米国の要求を受け入れ、政府に、向こう10年間で430兆円の公共事業投資をする、と国際公約させたのです。日本国内にカネをばらまけば景気が刺激され、社会資本も充実するのだから、

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

村山 治(むらやま・おさむ)

 徳島県出身。1973年早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部を経て91年、朝日新聞社入社。金丸脱税事件(93年)、ゼネコン事件(93,94年)、大蔵汚職事件(98年)、日本歯科医師連盟の政治献金事件(2004年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。
 著書に「特捜検察vs.金融権力」(朝日新聞社)、「市場検察」(文藝春秋)、「小沢一郎vs.特捜検察、20年戦争」(朝日新聞出版)、「検察: 破綻した捜査モデル」(新潮新書) 。共著に「ルポ 内部告発」(朝日新書)、「田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察『栄光』の裏側」(朝日新聞出版)。

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。