メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事件記者の目

「警察・検察 vs.工藤会」の 記事一覧

暴力団を効率よく管理し、抑え込んだ時代から「強い刑事司法」の時代へ

暴力団を効率よく管理し、抑え込んだ時代から「強い刑事司法」の時代へ村山 治 (2016/06/16) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げて「頂上」作戦を展開している。その成果を検証し、今後の課題を連載で探る。…続きを読む

通信傍受と監視カメラ、脱税で暴力団幹部を逮捕、でも勝敗はこれから

通信傍受と監視カメラ、脱税で暴力団幹部を逮捕、でも勝敗はこれから村山 治 (2016/06/01) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げて「頂上」作戦を展開している。その成果を検証し、今後の課題を連載で探る。…続きを読む

「暴力団との関係」をドーベルマン刑事に狙われ、公共事業から締め出され

「暴力団との関係」をドーベルマン刑事に狙われ、公共事業から締め出され村山 治 (2016/05/18) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げて「頂上」作戦を展開している。その成果を検証し、今後の課題を連載で探る。…続きを読む

通産相への2千万円を写真撮影「このカネを持っていきますから」

通産相への2千万円を写真撮影「このカネを持っていきますから」村山 治 (2016/05/05) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げて「頂上」作戦を展開している。その成果を検証し、今後の課題を連載で探る。…続きを読む

「公共事業で肥え太った」とされる暴力団・工藤会の原点・石油備蓄基地

「公共事業で肥え太った」とされる暴力団・工藤会の原点・石油備蓄基地村山 治 (2016/04/20) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げる「頂上」作戦を展開している。その「作戦」の成果を検証し、今後の課題を連…続きを読む

警察・検察を追い詰め、その気にさせた無法ぶり

警察・検察を追い詰め、その気にさせた無法ぶり村山 治 (2016/04/06) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げて「頂上」作戦を展開している。その成果を検証し、今後の課題を連載で探る。…続きを読む

共謀共同正犯理論の「成熟」で検事総長が組トップ逮捕を決断

共謀共同正犯理論の「成熟」で検事総長が組トップ逮捕を決断村山 治 (2016/03/23) 

 たかだか500人規模の暴力団工藤会に対し、警察、検察が2014年9月以来、総力を上げて「頂上」作戦を続けている。その成果を検証し、今後の課題を連載で探る。第…続きを読む

暴力団がらみ未解決事件40件に検警ともに体制を転換

暴力団がらみ未解決事件40件に検警ともに体制を転換村山 治 (2016/03/09) 

 福岡県北九州市に本拠を置く暴力団工藤会の関与を捜査当局が疑う殺人、放火などの未解決事件は、2013年に入ったころ、40件を超していた。特に、2012年に相次…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1