メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

今後の業務上過失事件の捜査への影響、検察審査会「JR西歴代社長起訴相当」で

 JR宝塚線(福知山線)脱線事故をめぐり、JR西日本の歴代社長3人を強制起訴すべきだとした神戸第一検察審査会の議決は、11人が亡くなった兵庫県明石市の歩道橋事故に続き、再び検察の判断を覆した。鉄道会社のトップの責任を市民の目線で厳しくとらえた内容だが、裁判に向けて様々な課題も積み重なっている。

 ■検察の反応

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。