メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

USENがキャンシステムに20億円支払いへ 東京高裁で和解が成立

 有線放送大手のUSENとキャンシステムが損害賠償を求めて互いを訴えていた訴訟で、29日、USENがキャン社に20億円を支払うことで東京高裁で和解が成立した。訴訟は、2003年にキャン社の従業員約500人がUSENの代理店に移籍したことについて、USENが公正な競争を阻害していたかどうかなどが争われていた。一審の東京地裁は08年12月に、USENに約20億5千万円の支払いを命じていた。

 和解についてキャン社は「主張が認められた結果だ」、USENは「キャン社の正常化に協力するために解決金を支払うことにした」としている。

 

 ▽この記事は2010年7月30日の朝日新聞朝刊に掲載されたものです。

 ▽関連記事:USENに20億円の賠償命令 従業員の引き抜きは不法 東京地裁

 ▽関連記事:

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。