メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

《高裁判決全文》6社に3億3千万円賠償命令 尼崎市ごみ焼却施設工事談合 大阪高裁差し戻し控訴審

 兵庫県尼崎市発注のごみ焼却施設工事の落札額が談合によって不当につり上げられたとして、地元住民が大手プラントメーカー6社を相手に約8億4千万円を市へ賠償するよう求めた住民訴訟の差し戻し控訴審判決が7月23日、大阪高裁であった。渡辺安一(やすかず)裁判長は談合があったと認定し、6社に計約3億3千万円を市に支払う

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。