メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

求められる徹底した調査・検証 大阪地検特捜部でFDデータが書き換えられた問題

 大阪地検特捜部が押収したフロッピーディスク(FD)のデータが書き換えられた問題は、証拠に基づいて審理する刑事裁判を根本から揺るがすものだ。

  ▽筆者:板橋洋佳

  ▽この記事は2010年9月21日の朝日新聞に掲載されたものです。

  ▽関連記事: 大阪地裁判決理由の抜粋

  ▽関連記事:   《事件記者の目》 断罪された特捜検察の捜査、検察は「失敗の検証」を急げ

 

 刑事裁判では被告らの説明が捜査段階や公判で食い違った場合、裁判官は凶器や

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。