メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

講談社社長個人の連帯責任を増額認定 貴乃花名誉棄損訴訟《東京高裁判決抜粋》

 大相撲の八百長疑惑を報じた週刊現代などの記事をめぐり、元横綱の貴乃花親方と妻の花田景子さんが講談社(東京都文京区)側に計約7300万円の損害賠償と謝罪広告を求めた名誉棄損訴訟の控訴審で、東京高裁は9月29日、一審判決を変更し、野間佐和子社長の連帯責任を増額する判決を言い渡した。

 

 一審は同

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。