メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

パナソニックに罰金41億円 冷蔵庫コンプレッサーでカルテル《司法取引合意書》

 米司法省は9月30日、パナソニックが冷蔵庫や冷凍機の基幹部品である冷却用コンプレッサー(圧縮機)を巡り、国際的な価格カルテルに参加していたとして、4910万ドル(約41億円)の罰金を支払うことで合意したと発表した。

  ▽筆者:山川一基

  ▽この記事は2010年10月1日の朝日新聞夕刊に掲載されたものです。

  ▽関連資料:   米司法省の発表 Panasonic Corp. and Whirlpool Corp. Subsidiary Agree to Plead Guilty for Role in Price-fixing Conspiracy Involving Refrigerant Compressors

  ▽関連資料:パナソニックの罪状について米司法省がデトロイトの地裁に提出した書面(AJ購読者)

  ▽関連資料:米司法省とパナソニックの司法取引合意書(AJ購読者)


 このカルテルには

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。