メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本サイト「法と経済のジャーナル AJ」が今夏、「論座」傘下に引っ越しへ

ニューズ&コメンタリー

大阪地検前特捜部の不祥事の関係者に対する人事上の処分とその理由

 大阪地検特捜部の不祥事に関連して、最高検が21日に発表した関係者の人事上の処分の内容は次の通り。

1 犯人隠避事件の行為者

(1)大坪 弘道(おおつぼ ひろみち)(処分時大阪高検検事、元大阪地検特捜部長)
 懲戒免職 H22.10.21付け
 公訴事実に同じ

(2)佐賀 元明(さが もとあき)(処分時大阪高検検事、元大阪地検特捜部副部長)
 懲戒免職 H22.10.21付け
 公訴事実に同じ

2 上記両名の上司等関係者

(1)三浦 正晴(みうら まさはる)(福岡高検検事長)
 減給1月(100分の10) H22.10.22付け(内閣へ上申中) ※ 処分後辞職予定
 前田元検事による証拠隠滅事件について、大阪地検検事正としての監督責任

(2)小林 敬(こばやし たかし)(大阪地検検事正)
 減給4月(100分の10) H22.10.21付け ※ 辞職予定
 「公訴事実の概要」(2)中の大阪地検検事正小林敬に対する報告内容に記載のとおり、前田元検事によりフロッピーディスクの文書データが書き換えられた旨公判担当検事が指摘しているなどの報

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。