メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

《時時刻刻》尖閣沖衝突ビデオ流出で逮捕見送り 保安官、無言のまま深々と頭を下げる

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、「自分がやった」と名乗り出た神戸海上保安部の男性保安官(43)。「告白」から6日目。16日未明に弁護士を通じて心境を表明し、庁外に出た。捜査当局は前日夕、保安官を逮捕せず、任意捜査を続けると決定していた。

 

 ■世論の波 迷う検察

拡大
 東京・霞が関の検察庁が入るビルは20階建て。15日は午前中から、階下にある東京地検、東京高検の幹部らが、エレベーターで最上層階の最高検との間を慌ただしく行き交った。

 「夕方までには判断できるだろう」。時折出てくる最高検の幹部は、そう言ってはまた、部屋に入って行った。

 「誰がみても、明々白々に罰せられるべき事件とは言えない」。逮捕見送りを決めた後の夕方、検察幹部の一人はそう説明した。別の幹部は「世論も影響している」と語り、神戸海上保安部の男性海上保安官(43)の行為を擁護する声も考慮したことを認めた。

 逮捕すべきかどうか。捜査当局に難題を突きつけたのは、保安官による10日の「自首」だった。コンピューターのアクセス記録などから犯人に迫る作業に取りかかっていた警視庁、東京地検の捜査は、全く捜査線上に浮かんでいなかった保安官の登場で、急展開した。

 「自分がユーチューブに映像を投稿した。誰でも見られた」。保安官は投稿したことは認めながら、石垣海上保安部と那覇地検にしか存在しないはずの映像の入手方法については、当初はあいまいな供述を繰り返した。

 協力者はいないのか。本当に海保内部で得た映像なのか。構図が読み切れない状態で捜査にあたることになった警視庁の幹部は「保安官の説明だけでは立件できない。客観的証拠をそろえる必要がある。捜査は始まったばかりだ」と漏らしていた。

 捜査が進むにつれて明らかになったのは、海保内部での映像の管理の甘さだった。馬淵澄夫国土交通相が徹底管理を求めるまで、映像は組織内で広範囲に拡散し、不特定多数が視聴、入手できた。「一体、どこまで秘密として扱われていたのか」という疑いが浮かび上がってきた。

 逮捕の必要性を見極めるためにも、「秘密の重さ」はポイントだ。流出した映像が外部に未発表で、見られるのは海保職員に限られる以上、国家公務員法上の秘密に該当するという認識は、検察内部でほぼ一致する。しかし、多数の職員が視聴できたことで、「悪質さの程度が低い」との判断に傾いていった。

 同法の守秘義務違反の罰則は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金。「このくらいの犯罪で『自首』したにもかかわらず、逮捕までされるのかと思われる」。捜査が進む間、検察幹部の一人は、世論を見極めていた。

 ■現場になお「逮捕論」も

 だが、逮捕見送りの結論についてなお異論は

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。