メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

福島県いわき市が三菱重工を提訴へ ごみ焼却施設談合の賠償求める

 いわき市は19日、ごみ焼却施設・南部清掃センター建設を巡る三菱重工業(本社・東京)の談合事件で、独占禁止法に基づく損害賠償を求め、三菱を提訴する方針を発表した。請求額は明らかにしていないが、住民訴訟で確定した賠償金約11億円と、市が算出した同約22億円との差額に5億円を超える利息、弁護士費用を加えたものとみられる。

  ▽この記事は2010年11月20日の朝日新聞福島版に掲載されたものです。


 市は「独禁法違反(談合)の確定により、市民や市が被った損害の回復に努め、市として、この事件に区切りをつけるため」と説明する。

 市が求める賠償金約22億円は建設費225億円の約10%。談合がなかった同規模施設の落札率からはじき出した。住民訴訟の一審・福島地裁判決の賠償金は約11億円だったため

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。