メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

アップル「事後に適切に対処」、海賊版書籍の問題で「事前チェック」は否定的

 米アップルのソフト配信サイトで、作家の村上春樹さんらの小説の海賊版が販売されていた問題で、同社は朝日新聞の取材に対し、「申し出を受けた際には速やかに適切に対処する」との見解を表明した。正当な著作権者から指摘を受ければ、削除などの対応をとる考えだが、著作権の事前チェックには否定的だ。

  ▽筆者:五郎丸健一

  ▽この記事は2010年11月26日の朝日新聞朝刊に掲載された原稿に加筆したものです。


 アップルがこの問題で正式な見解を示したのは初めて。「私たちも知的財産を保護する者として、知的所有権を保護する重要性を理解している」と強調するが、販売前のチェックについては言及を避けた。アップル日本法人の関係者によると、著作権の確認には手間と時間がかかるため、本社側では「正当な著作権者のコンテンツであるかを、一つ一つ確認するのは不可能」との意見が強く、現時点で事前チェックする考えはないという。

 アップルが運営する「アップストア」では、第三者が制作したゲームや実用・娯楽ソフト、電子書籍など30万本を超えるコンテンツが配信されている。配信前に、暴力やわいせつ表現を含むかどうかは個別に審査している。

 朝日新聞記者の申し入れに対して、アップルが「ステートメント」として出した文章の和訳の全文は次の通り。

 30万本を超えるアプリケーションを揃え、App Storeは皆さまが想像された以上の成功を収めております。私たち自身も知的財産を保持する者として、知的所有権を保護する重要性を理解しており、お申し出を受けた際には速やかに、かつ適切に対処いたします。


 原文は英文で、その内容は

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。