メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

「プリンスホテルの『司法制度を否定する主張』は失当」《地裁・高裁の判決理由全文》

 全国集会用に予約した会場を不当に解約されたとして日本教職員組合(日教組)側が「プリンスホテル」(東京都豊島区)側に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(園尾隆司裁判長)は11月25日、一審・東京地裁に続いてホテル側の不法行為などを認める判決を言い渡した。

  ▽筆者:久木良太

  ▽関連資料:一審・東京地裁判決の前半部分(前提事実、争点など)

  ▽関連資料:一審・東京地裁判決の後半部分(裁判所の判断)

  ▽関連資料:二審・東京高裁判決の全文

 

 一方で、

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。