メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

京阪バス運転手 雇用継続命じる判決 アルコール検査「改変の疑い」

 京阪バス(京都市南区)の運転手だった男性(48)が、酒気帯び状態ではないのに解雇されたのは不当だとして、同社に雇用継続などを求めた訴訟の判決が12月15日、京都地裁であった。和久田斉裁判官は「実際には酒気帯び未満の反応にとどまったと認められる」として、同社に雇用継続や慰謝料など約60万円の損害賠償などを命じた。

  ▽筆者:玉置太郎

  ▽この記事は2010年12月16日の朝日新聞京都版に掲載されたものです。

  ▽関連資料:   京都地裁判決(裁判所のウェブサイトへのリンク)


 判決によると、

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。