メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

日本医学会が利益相反で指針 企業の寄付などを開示

 日本医学会(高久史麿会長)は医学研究に関して企業から酬や研究費、寄付金などを受けた場合に開示する「利益相反管理」の指針を決め、23日公表した。学会発表の際に企業名を明らかにするなど、透明性を高めるルール作りを同学会に加盟する医学系の108学会に求めた。

  ▽筆者:浅井文和

  ▽この記事は2011年2月25日の朝日新聞に掲載されたものです。


 企業の資金が入ることで、中立で偏らない研究をする社会的責任

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。