メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

過労死訴訟でマツダ側に賠償を命令 神戸地裁姫路支部判決

部下の自殺に上司「この忙しいのに…」

 自動車メーカー・マツダの本社(広島県府中町)の男性社員(当時25)が自殺したのは、長時間労働が続いていた男性に対して会社側が適切にサポートしなかったのが原因だとして、兵庫県内の両親が慰謝料など約1億1千万円の支払いを求めた訴訟の判決が2月28日、神戸地裁姫路支部であった。中村隆次裁判長はマツダ側の過失を認め、約6400万円の支払いを命じた。

  ▽筆者:川田惇史、平賀正弘

  ▽この記事は2011年2月28日の朝日新聞夕刊(大阪)に掲載されたものです。

  ▽関連資料:   2月28日の神戸地裁姫路支部判決(裁判所ウェブサイトへのリンク)

 

 判決によると、男性は2004年4月にマツダに入り、06年11月からエンジン用部品の輸入業務を担当。07年3月にうつ病を発症し、翌4月に社宅で首つり自殺した。

 判決は、男性が輸入部品のトラブル処理をさばくために自宅に仕事を持ち帰った分も時間外労働にあたると認め、「男性は仕事の影響で心身ともに健康を損なっていた」と判断。マツダ側は上司に男性とコミュニケーションをとらせるなどの適切な支援をする義務を怠ったと判断した。

 また、上司が男性の自殺

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。