メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

「溺れさせ死亡」民事判決認定、保険金請求を棄却

 旅先のサイパンで2006年に死亡した岐阜市の男性(当時22)にかけられた保険金をめぐり、男性の両親が保険会社に1億円の支払いを求めた訴訟の判決が3月23日、岐阜地裁であった。内田計一裁判長は「旅行に同行した元義兄ら2人は保険金めあてに男性の殺人をもくろみ、男性は2人の故意により、何らかの方法で溺れさせられたと推認できる」として、両親の請求を棄却した。

  ▽筆者:贄川俊

  ▽この記事は2011年3月23日の朝日新聞夕刊と4月6日の朝日新聞朝刊(名古屋)に掲載されたものです。

  ▽関連資料:

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。