メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

《判決要旨》 村上ファンド元代表の有罪確定へ

 村上ファンドによるニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は、証券取引法(現・金融商品取引法)違反の罪に問われたファンド元代表・村上世彰(よしあき)被告(51)の上告を棄却する決定をした。決定は6日付で、裁判官5人全員一致の意見。懲役2年執行猶予3年、罰金300万円、追徴金約11億4900万円とした二審・東京高裁判決が確定する。

 

 決定は、2004年11月、旧ライブドア側から

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。