メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

西松建設の違法献金、元役員6人に6億7千万円賠償命令

 西松建設(本社・東京)が国会議員らに違法献金した事件をめぐり、同社の株主が元取締役10人に約6億9千万円の損害賠償を求めた株主代表訴訟の判決が9月25日、東京地裁であった。大竹昭彦裁判長は、金山良治元会長ら6人が「違法献金の手法を容認した」などと認め、計約6億7200万円を同社に支払うよう命じた。

▽この記事は2014年9月26日の朝日新聞に掲載された原稿に加筆したものです。

▽関連記事: 西松建設に関連する記事

 

 判決によると、西松建設は実態の

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。