メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村山 治

村山 治

村山 治(むらやま・おさむ)

 徳島県出身。1973年、早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部を経て91年、朝日新聞社入社。2017年11月、フリーランスに。この間、一貫して記者。
 金丸脱税事件(1993年)、ゼネコン事件(93、94年)、大蔵汚職事件(98年)、日本歯科医師連盟の政治献金事件(2004年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。
 著書に「特捜検察vs.金融権力」(朝日新聞社)、「市場検察」(文藝春秋)、「小沢一郎vs.特捜検察、20年戦争」(朝日新聞出版)、「検察: 破綻した捜査モデル」(新潮新書) 。共著に「ルポ 内部告発」(朝日新書)、「田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察『栄光』の裏側」(朝日新聞出版)、「バブル経済事件の深層」(岩波新書)。

記事一覧

東芝粉飾決算の一部時効、検察は監視委の告発を制約していいのか

東芝粉飾決算の一部時効、検察は監視委の告発を制約していいのか (2019/06/24)

 東芝の歴代3社長が2012年3月期の有価証券報告書に架空の利益を計上したとする金融商品取引法違反(有価証券報告書虚偽記載)の疑いで、金融庁の証券取引等監視委…続きを読む

法規定があるのに10年ゼロだった「裁判員4人、裁判官1人」の合議体

法規定があるのに10年ゼロだった「裁判員4人、裁判官1人」の合議体 (2019/06/07)

 満10年を迎えた裁判員裁判制度について、ひとつ素朴な疑問がある。裁判員裁判法は、検察と被告の間で起訴事実に争いのない事件は「裁判官1人、裁判員4人(1対4)…続きを読む

ゴーン事件で検察が描く構図 リーマンショックが不正のきっかけ?

ゴーン事件で検察が描く構図 リーマンショックが不正のきっかけ? (2019/04/15)

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏に対する東京地検特捜部の5カ月に及ぶ捜査が大詰めを迎えている。中東・オマーンの販売代理店に送金した約5億6300万円の日…続きを読む

「次の検事総長は黒川氏」で決まりなのか、検察の論理は

「次の検事総長は黒川氏」で決まりなのか、検察の論理は (2019/01/24)

 法務省の事務方トップの黒川弘務事務次官が1月18日付で異動し、東京高検検事長に就任した。2年半にわたって法務行政を取り仕切り、官邸肝いりの入管法改正など重要…続きを読む

ゴーン氏の告発潰しを警戒、保秘徹底 羽田と首都高で身柄確保

ゴーン氏の告発潰しを警戒、保秘徹底 羽田と首都高で身柄確保 (2018/12/07)

 特捜検察が久々に存在感を示した。日産自動車のカルロス・ゴーン前代表取締役会長と側近のグレッグ・ケリー前代表取締役の二人を金融商品取引法違反(有価証券報告書の…続きを読む

接待で文科事務次官ら辞職、霞が関ブローカーめぐる腐敗の根は深い

接待で文科事務次官ら辞職、霞が関ブローカーめぐる腐敗の根は深い (2018/10/25)

 幹部職員2人が東京地検に収賄容疑で摘発された文部科学省で、事務方トップで職員の綱紀に目を光らせるべき事務次官ら6人が、贈賄容疑で起訴された同じ業者から飲食店…続きを読む

調査報道と検察捜査が車の両輪であるべき理由

調査報道と検察捜査が車の両輪であるべき理由 (2018/09/17)

調査報道と検察 ― 30年前の記憶  政治の介入または官側の忖度のいずれかによって行政手続きが歪められた疑いをもたれた「森友・加計学園」疑惑。それを掘り起こし…続きを読む

テロ未然防止とカルト対策、日本社会はオウム事件で学べたか?

テロ未然防止とカルト対策、日本社会はオウム事件で学べたか? (2018/09/02)

 元オウム真理教幹部13人に死刑が執行された。元代表の松本智津夫(麻原彰晃)は、地下鉄サリン事件など13の事件で計27人に対する殺人罪などで死刑が確定しており…続きを読む

オウム捜査で神奈川県警に手を焼いた検察 影落とす共産党幹部宅盗聴事件

オウム捜査で神奈川県警に手を焼いた検察 影落とす共産党幹部宅盗聴事件 (2018/08/23)

 元オウム真理教幹部13人に死刑が執行された。元代表の松本智津夫(麻原彰晃)は、地下鉄サリン事件など13の事件で計27人に対する殺人罪などで死刑が確定しており…続きを読む

殺人予備罪での逮捕では検警が対立「証拠と理屈はあとからついてくる」

殺人予備罪での逮捕では検警が対立「証拠と理屈はあとからついてくる」 (2018/08/08)

 元オウム真理教幹部13人に死刑が執行された。元代表の松本智津夫(麻原彰晃)は、地下鉄サリン事件など13の事件で計27人に対する殺人罪などで死刑が確定しており…続きを読む

元ハイローラーが語るカジノ法強行成立の愚

元ハイローラーが語るカジノ法強行成立の愚 (2018/08/06)

 刑法が禁じる賭博を一部合法化し、民設・民営のカジノを認める統合型リゾート(IR)実施法が7月20日、成立した。報道機関の世論調査で導入反対の声が多数を占め、…続きを読む

「戦争類似の国家的作用」 警察・検察のオウム真理教捜査の総括

「戦争類似の国家的作用」 警察・検察のオウム真理教捜査の総括 (2018/07/26)

 元オウム真理教幹部13人に死刑が執行された。元代表の松本智津夫(麻原彰晃)は、地下鉄サリン事件など13の事件で計27人に対する殺人罪などで死刑が確定しており…続きを読む

42年目の司法取引導入 ロッキード事件と刑事免責

42年目の司法取引導入 ロッキード事件と刑事免責 (2018/06/20)

42年目の司法取引導入    日本にはなかった司法取引と刑事免責制度が6月1日から導入された。低迷する検察にとって強力な捜査の武器になると期待される一方、冤罪…続きを読む

検察は財務省背任容疑にどう迫ったか、なぜ不起訴にしたか

検察は財務省背任容疑にどう迫ったか、なぜ不起訴にしたか (2018/06/04)

森友事件不起訴、求められる新たな国政監視システム  学校法人森友学園への国有地売却をめぐり財務省幹部らが背任、虚偽公文書作成などの罪で告発された事件に対する検…続きを読む

検事総長歴代5人が不祥事で叙勲を辞退、笠間氏で復活

検事総長歴代5人が不祥事で叙勲を辞退、笠間氏で復活 (2018/05/03)

検事総長の叙勲  元検事総長の笠間治雄氏が5月8日に瑞宝大綬章を受章することになった。検察はこの10数年で2度の大きな不祥事を起こしており、その責任をとって歴…続きを読む

ゼネコン談合で大林、清水の幹部3人起訴猶予に驚き

ゼネコン談合で大林、清水の幹部3人起訴猶予に驚き (2018/04/05)

ゼネコン談合事件総括  JR東海のリニア新幹線工事発注をめぐる大手ゼネコンの談合事件に対する東京地検特捜部の捜査は、大手ゼネコン4社と2人の担当者を起訴して一…続きを読む

「逮捕」を司法取引の道具にしてはならない 「人質司法」から決別を

「逮捕」を司法取引の道具にしてはならない 「人質司法」から決別を (2018/03/20)

 JR東海発注工事をめぐるゼネコン談合事件で、東京地検特捜部が、捜査に協力する大林元副社長と清水元常務について在宅のまま調べて起訴をめざす一方、検察のストーリ…続きを読む

大成建設捜索で「弁護士秘匿特権」の琴線に触れた司法取引前夜のガラパゴス日本

大成建設捜索で「弁護士秘匿特権」の琴線に触れた司法取引前夜のガラパゴス日本 (2018/03/05)

 東京地検特捜部が公正取引委員会と合同で捜査を進めるリニア中央新幹線建設談合事件で、検察捜査の琴線に触れるできごとがあった。弁護士と依頼人の間のやりとりを秘密…続きを読む

日本版「司法取引」制度化を目前にゼネコン談合捜査でその予行演習か

日本版「司法取引」制度化を目前にゼネコン談合捜査でその予行演習か (2018/02/05)

ゼネコン談合捜査で司法取引の予行演習?  今年6月から施行される予定の司法取引。東京地検特捜部と公正取引委員会が捜査、調査中のリニア中央新幹線の工事受注をめぐ…続きを読む

上川法相が林刑事局長の次官昇格を拒否か、検事総長人事は?

上川法相が林刑事局長の次官昇格を拒否か、検事総長人事は? (2018/01/18)

 法務省の事務方ナンバー2の林真琴・刑事局長が1月9日付で、名古屋高検検事長に転出した。林氏は、官邸の意向で2度にわたり事務次官昇格が延期されてきた。今回は官…続きを読む