メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾 直彦

松尾 直彦

松尾 直彦(まつお・なおひこ)

 1986年3月東京大学法学部卒業、同年4月大蔵省入省、1989年6月米国ハーバード大学ロースクール修了(LL.M.)、1990年5月米国ニューヨーク州弁護士登録、1996年3月司法修習修了。
 大蔵省(銀行局、大臣官房、国際局等)を経て、2001年金融庁総務企画局政策課課長補佐、2002年7月同局国際課企画官、2005年8月同局市場課投資サービス法(仮称)法令準備室長(2006年7月金融商品取引法令準備室長)兼政策課法務室長、  2007年8月東京大学公共政策大学院客員教授、2008年4月東京大学大学院法学政治学研究科客員教授を経て、2009年8月より現職。
 主な著書等に、『アメリカ金融制度の新潮流』(金融財政事情研究会、1996年)、『一問一答 金融商品取引法』(編著)(商事法務、2006年)、『実務論点 金融商品取引法』(共編著)(金融財政事情研究会、2008年)、『金融商品取引法』(商事法務、2011年)ほか、論稿多数。

記事一覧

AIJ投資顧問事件の本質は何か? (2012/04/04)

  証券取引等監視委員会がAIJ投資顧問を検査する過程で同社が受託運用していた年金資産の大半が消失していたことが明らかとなり、金融庁(関東財務局)は本年2月2…続きを読む

米国の新たな金融規制ドッド=フランク法の日本への影響は?

米国の新たな金融規制ドッド=フランク法の日本への影響は? (2010/12/01)

 新たに導入された米国の金融規制が始動しようとしている。上下両院の法案を一本化するのに功労のあった上院銀行委員長のクリストファー・ドッドと下院金融サービス委員…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1