メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川 智也

石川 智也

石川 智也(いしかわ・のりや)

 2006年弁護士登録。2005年東京大学法学部卒業。2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)。2016年ミュンヘン知的財産法センター卒業(LL.M.)。Noerr法律事務所ミュンヘンオフィスに出向、2017年ニューヨーク州弁護士登録。
 GDPR、CCPAをはじめとするグローバルでの個人情報保護法制・データ規制へのコンプライアンス対応について多くの日本企業にアドバイスを提供しており、関連する講演・執筆記事も多数。
 日本経済新聞社による「2019年に活躍した弁護士ランキング」の「データ関連分野」で、総合ランキング1位(企業票+弁護士票)。近日、ドイツのフランクフルト・デュッセルドルフに開設予定の西村あさひ法律事務所欧州拠点の代表に就任する予定。

記事一覧

完全バーチャル型株主総会をドイツが急きょ解禁 コロナウイルス対策で

完全バーチャル型株主総会をドイツが急きょ解禁 コロナウイルス対策で (2020/04/08)

ドイツでの新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う バーチャルオンリー型(完全バーチャル型)株主総会の利用解禁 弁護士・NY州弁護士 石川 智也  新型コロナウィ…続きを読む

カリフォルニア州消費者プライバシー法制定と日本企業の実務対応

カリフォルニア州消費者プライバシー法制定と日本企業の実務対応 (2018/10/10)

 2018年6月28日に成立したカリフォルニア州消費者プライバシー法は、個人情報保護の動きの高まりを受けて、個人情報全般を包括的に保護することを米国で初めて試…続きを読む

EUデータ保護規則強化で日本企業が受ける影響と対策

EUデータ保護規則強化で日本企業が受ける影響と対策 (2016/02/17)

 域内の個人データについて日本とのやりとりを原則禁じている欧州連合(EU)で、さらに、ルールを整理・強化したEUデータ保護規則が早ければ2018年春にも発効す…続きを読む

データ保護と利活用のバランスをとる法改正

データ保護と利活用のバランスをとる法改正 (2014/03/19)

 個人情報がデータ化されサーバーに蓄積されるビッグデータ時代。事業者側ではデータの更なる有効活用を主張する一方、データの利用拡大によるプライバシー侵害などを懸…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1