メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山田 純

山田 純

山田 純(やまだ・じゅん)

 2003年3月、早稲田大学法学部卒業。2006年10月、司法修習(59期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2012年5月から2013年5月までシンガポールの大手日系商社に出向。2014年5月、米国Duke University School of Law (LL.M.)。2014年9月、当事務所復帰。
 著書に「最新M&A判例と実務」(判例タイムズ社 2009年7月)(共著)。論文に「融資一体型変額保険について複数の保険会社および融資銀行に説明義務違反が認められた事例」 (「金融・商事判例」 No. 1240 (2006年5月1日号))、「M&Aをめぐる株価紛争の概観」 (「判例タイムズ」 No. 1279 (2008年12月1日号))がある。

記事一覧

米国で学んだ交渉術を息子に使ってみると - Getting to

米国で学んだ交渉術を息子に使ってみると - Getting to "Yes, papa" (2014/10/06)

Getting to “Yes, papa” アンダーソン・毛利・友常法律事務所 山田 純  2013年の夏からアメリカのDuke L…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1