メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安井 桂大

安井 桂大

安井 桂大(やすい・けいた)

 2009年東京大学法科大学院修了、2010年弁護士登録、現在西村あさひ法律事務所弁護士。国内外のM&Aや提携案件、コーポレートガバナンスやコンプライアンスに関するアドバイスを含め、企業法務全般にわたる各社へのアドバイスに従事。
 主な著書として、『資本・業務提携の実務』(共著、中央経済社、2014年)、「『社外取締役』設置の検討ポイント」旬刊経理情報1361号(共著、2013年)、『会社法改正要綱の論点と実務対応』(共著、商事法務、2013年)、「MAC条項を巡る実務対応に関する一考察〔上〕〔下〕」金融・商事判例1380号(共著、2011年)・1381号(共著、2012年)等がある。

記事一覧

今、企業が取り組むべき「人権デュー・デリジェンス」

今、企業が取り組むべき「人権デュー・デリジェンス」 (2015/04/15)

 今年1月、ユニクロの中国の製造請負会社の工場従業員が過酷な労働環境で作業を強いられていることが、香港を拠点とするNGOであるSACOM、さらには国際人権NG…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1