メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山内 真之

山内 真之

山内 真之(やまのうち・まさゆき)

 2002年3月、慶應義塾大学理工学部卒業。2004年3月、慶應義塾大学大学院理工学研究科卒業。2007年3月、東京大学法科大学院 (法務博士 (専門職))修了。2008年12月、司法修習(61期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)。2009年1月、当事務所入所。2013年6月、米国Stanford Law School(LL.M.)修了。2013年9月から2014年6月まで米国のFinnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner法律事務所(カリフォルニア州 Palo Alto Office)勤務。2014年3月、 ニューヨーク州弁護士登録。2014年9月、当事務所復帰。
 著書・論文に「Recent changes concerning regulatory protections for pharmaceutical companies in Japan」 (The PLC Cross-border Life Sciences Handbook 2010/11) (共著)、「知財ライセンス契約の法律相談〔改訂版〕」(青林書院 2011年)(共著)、「New rules on international jurisdiction - impact on IP disputes」 (International Law Office 2011年6月)、「民事訴訟法の一部改正-知的財産関係訴訟の国際裁判管轄を中心に-」(知財管理Vol.62, No.3 (No.735) 2012年3月号)、「連載/特許法のフロンティア 第4回 延長登録」(ジュリスト No. 1439)(2012年4月号)、「Increased Damages for Patent Infringement in Japan」(Corporate Counsel 2014年2月24日掲載)(共著)、「米国における合理的なロイヤルティ及びF/RANDに関する分析の厳格化並びに日本との比較」(社団法人日本国際知的財産保護協会月報2014年9月号)(共著)がある。

記事一覧

山を登るのではなく川を歩く週末ハイキングの理由

山を登るのではなく川を歩く週末ハイキングの理由 (2015/05/04)

「週末はいかがでしたか?」「週末のご予定は?」 パロアルト2年目の生活とハイキング アンダーソン・毛利・友常法律事務所 山内 真之  私は、2012年7月に渡…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1