メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山田 浩史

山田 浩史

山田 浩史(やまだ・ひろし)

 弁護士(西村あさひ法律事務所)。2007年東京大学法学部卒業、2008年弁護士登録(旧61期)。2015年コロンビア大学ロースクール卒業(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar(成績優秀者))、同年ニューヨーク州司法試験合格。現在、米ワシントンDCのクリアリー・ゴットリーブ・スティーン アンド ハミルトン法律事務所勤務。国際的な独占禁止法・M&A案件を中心に企業法務全般に従事。

記事一覧

知的財産権にひそむ想定外の独占禁止法リスク

知的財産権にひそむ想定外の独占禁止法リスク (2016/03/30)

 独占につながる行為を規制する独占禁止法と発明者に独占を認める特許法。一見矛盾するかに見える2つの経済法を、整合的に理解し企業活動に明確なガイダンスを与えるこ…続きを読む

M&Aにおける独占禁止法リスクへの契約上の対処法

M&Aにおける独占禁止法リスクへの契約上の対処法 (2016/02/03)

 ここ数年、競争法(独占禁止法)当局の「競争制限抵触」などを理由とした反対でM&Aが破談になるケースが散見される。破談による「損害」は小さくない。その…続きを読む

独禁法の「私的独占」に抵触しないための「正当化事由」

独禁法の「私的独占」に抵触しないための「正当化事由」 (2015/12/25)

 市場で高いシェアを持つ有力企業が、他の事業者の事業活動を排除して市場における競争を制限した疑いで、国内外の独占禁止法の私的独占違反で摘発されるケースが目立つ…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1