メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐々木 秀

佐々木 秀

佐々木 秀(ささき・しげる)

 2002年、東京大学法学部卒。2003年に第一東京弁護士会に登録。2010年~2013年、みずほ証券株式会社法務部に出向。2014年にボストン大学ロースクールを卒業(LL.M. in American Law, Sebastian Horsten Prize)。2015年ニューヨーク州で弁護士登録。2014年~2015年には、ニューヨークのデービス・ポーク・アンド・ウォードウェル法律事務所、2015年に同外国法事務弁護士事務所で勤務。
 税務調査への対応への助言、審査請求の申立事案等の税務案件に関与しているほか、主な関与案件として2007年のブルドックソースによる敵対的 TOB への対抗策の導入と実施及び差止仮処分訴訟への対応や2010年の第一生命保険の株式会社化、2017年の仏ヴァレオによる市光工業の公開買付けを通じた子会社化、FWD グループによるAIG 富士生命保険の全株式取得、2018年のみずほフィナンシャルグループによる資産管理サービス信託銀行と日本トラスティ・ サービス信託銀行の統合などがある。

記事一覧

仮想通貨の譲渡、流出補償で個人の所得課税はどうなるか

仮想通貨の譲渡、流出補償で個人の所得課税はどうなるか (2019/02/13)

仮想通貨(暗号資産)と個人の所得課税 ―流出の際の補償に関連して 西村あさひ法律事務所 弁護士 佐々木 秀  個人の所得税の確定申告の時期である。昨年は、仮想…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1