メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横山 兼太郎

横山 兼太郎

横山 兼太郎(よこやま・けんたろう)

 2003年、東京大学法学部卒業。2005年、東京大学大学院法学政治学研究科修了 (LL.M.)。2007年、東京弁護士会弁護士登録。2012~2014年、東京弁護士会法律研究部倒産法部執行部(会計)。2016年、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロースクール卒業(LL.M. with a Specialization in Business Law - Bankruptcy Track)。2016~2017年、ニューヨークのデービス・ポーク・アンド・ ウォードウェル法律事務所勤務。2019年より、一般社団法人事業再生実務家協会常議員。
 主な共著に『法的整理計画策定の実務』(商事法務、2016年)、『破産申立マニュアル(第2版)』(商事法務、2015年)、『倒産法改正150の検討課題』(金融財政事情研究会、2014年)、『倒産法の判例・実務・改正提言』(弘文堂、2014年)、『ゼロからわかる事業再生』(金融財政事情研究会、2013年)がある。

記事一覧

事業再生ADR(裁判外紛争解決)、より使いやすい制度への最新動向

事業再生ADR(裁判外紛争解決)、より使いやすい制度への最新動向 (2019/12/18)

事業再生ADRの最新動向 ~より利用しやすい制度への動きを中心に~   西村あさひ法律事務所 横山兼太郎  1  はじめに ~ 事業再生ADR手続と…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1