メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仁木 覚志

仁木 覚志

仁木 覚志(にき・さとし)

 1994年大阪大学工学部卒業。1994年から2001年まで石川島播磨重工業株式会社(現・株式会社IHI)に勤務。2006年第二東京弁護士会に登録。2006年から2014年までパナソニック株式会社に勤務。現在は西村あさひ法律事務所のパートナー弁護士。
 新規技術に詳しく、人工知能(AI)の開発・利用における法律のセミナーをいくつも行ってきた実績がある。主な共著として「AIの法律と論点」(商事法務、2018)、「M&A法大全(上)(下)[全訂版]」(商事法務、2019)、「宇宙ビジネス参入の留意点と求められる新技術、新材料」(技術情報協会、2020)などがある。

記事一覧

知的財産権へのコロナウイルスの影響 強制実施権と遠隔授業

知的財産権へのコロナウイルスの影響 強制実施権と遠隔授業 (2020/06/03)

新型コロナウイルス感染症が知的財産権の行使に及ぼす影響 西村あさひ法律事務所 仁木 覚志  1. はじめに  本稿執筆時点(2020年5月17日)において、依…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1