メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五十嵐 紀男

五十嵐 紀男

五十嵐 紀男(いがらし・のりお)

 1940年生まれ。北海道大学在学中に司法試験合格。64年4月、司法修習生。66年4月、検事任官。東京地検特捜部副部長(財政・経済担当)、公安調査庁総務課長、東京地検総務部長を経て91年1月から2年半、東京地検特捜部長。共和汚職、東京佐川急便事件、金丸ヤミ献金事件、金丸脱税事件などを手がけた。大分、宇都宮、千葉、横浜の各地検の検事正を歴任し99年12月退官。公証人を経て2010年から弁護士。

記事一覧

稲田検事総長と辻法務事務次官に元特捜部長が再び辞職勧告 政治と検察で対応に誤り

稲田検事総長と辻法務事務次官に元特捜部長が再び辞職勧告 政治と検察で対応に誤り (2020/06/10)

改めて稲田検事総長と辻法務事務次官の責任を問う  6月1日から5日まで、5回にわたり、本欄において、黒川弘務元東京高検検事長の定年延長と検察庁法改正案の定年延…続きを読む

「政界のドン」罰金略式処理で猛烈逆風 特捜部長が政治と国民について学んだこと

「政界のドン」罰金略式処理で猛烈逆風 特捜部長が政治と国民について学んだこと (2020/06/05)

 黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年を無理やり延長した上、検察幹部の人事に政治の意向を反映しやすくする検察庁法改定を図るなど、安倍政権が禁断の検察人事に手…続きを読む

検察への監視と民主的統制のあり方 橋下徹氏と吉村知事への反論

検察への監視と民主的統制のあり方 橋下徹氏と吉村知事への反論 (2020/06/04)

 黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年を無理やり延長した上、検察幹部の人事に政治の意向を反映しやすくする検察庁法改定を図るなど、安倍政権が禁断の検察人事に手…続きを読む

内閣の検察人事介入を正当化するだけで国民には必要性不明の検察庁法改正案

内閣の検察人事介入を正当化するだけで国民には必要性不明の検察庁法改正案 (2020/06/03)

 黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年を無理やり延長した上、検察幹部の人事に政治の意向を反映しやすくする検察庁法改定を図るなど、安倍政権が禁断の検察人事に手…続きを読む

指揮権発動と通底 稲田検事総長と辻法務事務次官は職を辞すべき

指揮権発動と通底 稲田検事総長と辻法務事務次官は職を辞すべき (2020/06/02)

 黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年を無理やり延長した上、検察幹部の人事に政治の意向を反映しやすくする検察庁法改定を図るなど、安倍政権が禁断の検察人事に手…続きを読む

政権と検察 「政界のドン」逮捕の元地検特捜部長は何を思ったか

政権と検察 「政界のドン」逮捕の元地検特捜部長は何を思ったか (2020/06/01)

 黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年を無理やり延長した上、検察幹部の人事に政治の意向を反映しやすくする検察庁法改定を図るなど、安倍政権が禁断の検察人事に手…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1