メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白根 信人

白根 信人

白根 信人(しらね・のぶと)

 2000年に早稲田大学法学部を卒業。2000年から2006年までNECソフト株式会社に勤務。2009年東京大学法科大学院(法務博士 (専門職))を卒業。2010年、司法修習を経て第二東京弁護士会に登録。2011年アンダーソン・毛利・友常法律事務所に入所。2016年から2017年までコロンビア・ロー・スクール(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar)。2017年から2018年までBarnes & Thornburg法律事務所に勤務。2018年アンダーソン・毛利・友常法律事務所に復帰。2019年1月、ニューヨーク州弁護士登録。2020年1月、同事務所パートナー就任。
 特許、商標、ノウハウ等のライセンス、共同開発などの知財取引に係る契約案件や特許侵害訴訟等の知財紛争を取り扱っている。また、弁護士登録前の職務経験を生かし、ITシステムの開発等にかかる紛争解決、ソフトウェアのライセンス等の案件にも関わる。

記事一覧

英文契約と和文契約の違いと日本法、契約実務の文言重視

英文契約と和文契約の違いと日本法、契約実務の文言重視 (2020/08/11)

英文契約と日本法 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 白根 信人  大手の法律事務所では避けて通れないと思われるものに、英文契約がある。  私自身の日常の業務…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1