メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田原 吏

田原 吏

田原 吏(たはら・つかさ)

 2004年、京都大学法学部卒業。2006年、京都大学法科大学院修了。2007年、第二東京弁護士会登録。2016年、University of Virginia, School of Law 修了(LL.M.)。2014~2015年、京都大学法科大学院の非常勤講師を務める。2016~2017年、Debevoise & Plimpton LLP (ニューヨーク) 出向。
 主な論文・書籍に『M&A in Japan- Lexology』(共著、Globe Business Media Group、2016年)、『会社法実務相談』(共著、商事法務、2016年)、『Japan Chapter - The International Comparative Legal Guide to: Mergers & Acquisitions 2013』(共著、Global Legal Group、2013年)、『知的財産法概説<第5版>』(共著、弘文堂、2013年)、『移転価格税制のフロンティア』(共著、有斐閣、2011年)がある。

記事一覧

買収提案を受けた企業の「特別委員会」実務、M&A指針後の最新動向

買収提案を受けた企業の「特別委員会」実務、M&A指針後の最新動向 (2020/12/30)

公正なM&A指針を踏まえたMBO等における特別委員会の実務動向   西村あさひ法律事務所 弁護士 田原 吏  1. はじめに  経済産業省は…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1