メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

ビックカメラ不正会計、元会長「無罪」の決定 金融庁

 家電量販店「ビックカメラ」(東証1部上場、東京)の不正会計問題で、証券取引等監視委員会から金融商品取引法違反の疑いで個人では過去最高額の課徴金約1億2千万円の納付命令勧告が出されていた新井隆二・元会長(64)について、

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。