メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本サイト「法と経済のジャーナル AJ」が今夏、「論座」傘下に引っ越しへ

資料庫

《判決抜粋》 厚労省虚偽公文書事件 場面【1】 塩田の検察官調書の信用性

 倉沢方から、村松の名刺は発見されたのに、塩田、被告人の名刺は発見されなかった。また、倉沢の手帳には、村松に関する記載はあるのに、被告人に関する記載は存在しない。

 a. 塩田の検察官調書には、石井

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。