メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本サイト「法と経済のジャーナル AJ」が今夏、「論座」傘下に引っ越しへ

資料庫

《判決抜粋》 厚労省虚偽公文書事件 場面【1】北村及び村松の検察官調書並びに村松及び石井の公判供述の信用性について並びに木村の公判供述について

 被告人から倉沢が来庁した場合の対応を指示されたとの北村の検察官調書、北村から、「凛の会」の関係者が来ると告げられたとする村松の公判供述及び同人の検察官調書の内容は、前述したとおり、被告人自身、記憶にはないもののその可能性自体は否定しておらず、北村も、検察官調書の内容について、「話としてはそういうこともあり得る。」と述べていることにも鑑みると、その範囲では、その内容自体に、特段不自然な点はないといえる。

 また、村松は、公判において、「おそらく被告人はえん罪じゃないかなと思う。」と述べ

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。