メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

石川議員「資金洗浄チェックを避けるため現金4億円を小分け入金」

起訴内容に対する大久保隆規元秘書の認否

 収支報告書の作成や提出は、会計事務担当者であった石川氏や池田氏が全て行っており、これに署名したこともなく、その内容については全く知りませんでした。したがって、収支報告書に虚偽の記入や不記載があったかどうか知りませんでしたし、石川氏や池田氏と相談したこともありませんでしたので、私は公訴事実記載のような政治資金規正法違反をしてはおりません。

 私は、西松事件の捜査の際

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。