メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

検察官の職務を行う指定弁護士による冒頭陳述 小沢一郎衆院議員

 被告人小沢一郎こと小澤一郎に対する政治資金規正法違反被告事件について、検察官の職務を行う指定弁護士が証拠により証明しようとする事実は、次のとおりである。

第1 本件の関係者及び被告人の関係政治団体等

1 被告人

 被告人小沢一郎こと小澤一郎は、昭和44年の初当選以来現在まで連続して当選している衆議院議員である。この間、科学技術政務次官、国土審議会特別委員、議院運営委員長、自治大臣兼国家公安委員長、内閣官房副長官等の公職を歴任した。一方、政党において、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首、自由党党首等を務め、平成15年9月に自由党が民主党と合併した後、民主党代表、民主党幹事長等の要職を歴任した。

2 被告人の事務所及び秘書等

 被告人は政治活動の拠点として、衆議院第一議員会館内の事務所のほか、港区赤坂2丁

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。