メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

陸山会事件初公判での小沢一郎議員の意見書の要旨

 小沢一郎・民主党元代表が6日の初公判で読み上げた意見書の要旨は次の通り。

 指定弁護士の主張は、検察の不当・違法な捜査で得られた供述調書を唯一の根拠にした、検察審査会の誤った判断に基づくもので、裁判は直ちに打ち切るべきだ。百歩譲って続けるにしても、私が罪に問われる理由は全くない。政治資金規正法違反の虚偽記載には当たらないし、まして私が虚偽記載について共謀したことは断じてない。

 検察の対応は、主権者である国民から何の負託

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。