メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

2011年12月12日に開かれた新日本有限責任監査法人の記者会見のやりとり全文

 12月12日、新日本有限責任監査法人のオリンパス監査検証委員会の記者会見は、委員長の大泉隆史弁護士、委員の郷原信郎弁護士、高田敏文・東北大学経済学研究科教授(監査論)が出席して開かれた。新日本有限責任監査法人の荒尾泰則・経営専務理事(オペレーション・サポート管掌)も横にいて発言した。司会は同法人の広報担当が務めた。会見でのやりとりは以下の通り。

  司会者:本日はお忙しいなか、お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。オリンパス監査検証委員会の設置に関しましては、先週8日にニュースリリースとして公表させていただきましたけども、本日は、当委員会の委員長であります、大泉弁護士はじめ委員の皆さまよりですね、検証の実施概要に関しまして、ご説明いただきたいと思います。

  なお、委員のみなさまの略歴に関しましては、別紙を参照していただきたく、お願い申し上げます。

  それでは大泉委員長、よろし

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。